インフォメーション

Sally日記

テキストを入力してください。

HOME >  インフォメーション  > Sallyのつぶやき

Sallyの健やかに生きる為のアドバイスや日々の出来事やイベント情報などの情報を定期的にご案内します。

  • 代替画像

    しあわせの種 7月

     裏庭に油断しているとドクダミが地下茎を伸ばしどんどん拡がっています。葉の裏側は赤茶色で独特の生臭い匂い(デカルアルデヒド)があり、どちらかと言えばあまり好かれる植物ではありませんが、日本では民間薬として毒消しの作用があると親しまれてきました。デカルアルデヒドはペニシリンを凌ぐ殺菌作用があります。小さいお子さんが、外で遊んで擦り傷なさった時、ドクダミの葉っぱを揉んで傷にあてると良いです。

    詳しくはこちら

  • 代替画像

    しあわせの種 6月

    先日リーダーシップ発揮の広告を目にしたとき、リーダーシップも良いけれど、今はメンバーシップの方が変な力みがなく、とても心地よい感覚です。リーダーシップは何処かに上から目線というか、コントロール感が出る時があるような気がします。 自然界も人間が自分たち目線で、リーダーシップを発揮し始めた事で自然の摂理を乱しているように思います。  JTの生命誌研究館長 中村桂子さんからのお便りの中に『和』はなごむ、やわらぐ、あえるを表し、その中でも興味深いのがあえると書かれておられました。私の大好きなお白和えは、ほうれん草、人参、こんにゃく、ヒジキをごまをすり醤油、味噌で調味したお豆腐で和えます。 それぞれの素材の味を生かしながら全体を味わいます。

    詳しくはこちら

  • 代替画像

    しあわせの種 5月

    風薫る五月、鯉のぼりが勢いよくひるがえっています。 こいのぼりの由来は、中国の黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、多くの魚がこの滝を登ろうとしましたが、鯉のみが登り切り、竜になることができたという伝説があります。

    詳しくはこちら

  • 代替画像

    しあわせの種 4月

    輝く陽の光と暖かさに誘われた生き物たちの「生の息吹」が、心と身体を溶きほぐし清々しくしてくれます。
    やわらかい桜色の風が頬を撫ぜ、薄緑の新芽が一雨ごとにぐんぐん成長してゆく姿は、私達人間にも若々しい新生のエネルギーを届けてくれます..

    詳しくはこちら

  • 代替画像

    しあわせの種 3月

    お日さまの光が溢れ桃の花、菜の花もほほえみ、水も温み、生き物たちが躍動し始める季節となりました。
    私達もお日さまの光を体の中に取り入れいのちの花を
    咲かせましょう。
    この季節になると思い出すのが、小学校の近くの舟入川の上流の堰止め。
    川の水が徐々に干し上がるため学校帰り川に入り、フナやナマズやウナギやカニ等を夢中で捕り、気が付くと辺りはもう暗くなっていました。

    詳しくはこちら